医療法人矢尾板記念会は、栃木県の自然に恵まれた土地に施設があります。みなさまが心穏やかにお過ごし頂けるようスタッフ一同心がけております。

医療法人矢尾板記念会のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
理事長を務めさせていただいております矢尾板誠一です。
父、矢尾板義人の意思を受け継ぎ、矢尾板記念会の理事長を務め、地域医療に携わりながら、栃木県老人保健施設協議会の会長も務めさせていただいています。
また、社会福祉法人日光福栄会の理事長も務め、特別養護老人ホームの運営にも関わっています。

父は医師として地域医療の発展に貢献すべく、矢尾板記念会を立ち上げ、見龍堂医院、病院、そして老健施設今市Lケアセンターを開設しました。老人医療のニーズが高まるのを肌で感じ、高齢化社会の到来を予見し、地域医療と老人医療・福祉を実践するために、矢尾板記念会を母と伴に運営しました。
私は、二代目になるわけですが、更に老人医療・介護・福祉の融合を図りながら、矢尾板記念会の各施設の均衡の取れた運営を目指しています。

現在の矢尾板記念会は、老健施設とクリニックの組み合わせが中核です。また、グループホームも運営しています。日光福栄会の特別養護老人ホームも隣接しており、利用者の皆様の色々はニーズに総合的に、一所で応えられるように運営できればと考えています。
なぜなら、高齢になると、体力低下、筋力低下、意欲低下など起こって来ますが、慢性の病気にも罹り継続的な治療が必要で、社会生活も困難となる場合もあり、医療・介護・福祉と縦割りの対応では、一人の高齢者が抱える多くの問題を総合的に解決するのが困難だからです。矢尾板記念会と日光福栄会で、利用者の皆様の多様なニーズに総合的に応えられればと思っています。種々のニーズに応え、言わば「総合老人施設街」となることを目指しています。リハビリ、介護、看護、医療を備え、長期入所、短期入所、デイリハビリ、デイケア等を運営。認知症の介護・看護、多種疾患の管理・治療、終末期医療など医療面にも対応。社会の幅広い要望に応え、医療と家庭・地域社会をつなぎ、それぞれが円滑に機能できるように、医療・福祉サービスを行っています。家庭や地域社会の中での介護・リハビリが円滑に機能できるよう、医療面もケアしながら在宅サービスも行い、在宅生活がなるべく可能となるようなサービスを提供しています。

矢尾板記念会は、施設と職員の質の向上を図り、その使命を果たしたいと努力しています。
また、職員の労働条件の向上や、社会の中で担うべき役割に対応した施設・体制の整備にも力をいれています。
このホームページでは矢尾板記念会の施設を紹介し、また関連した施設も紹介しています。施設利用の方法や悩み等、相談にも対応しておりますので、遠慮なくお尋ね頂きますようお願い致します。また職員募集も行っておりますので、ご利用下さい。宜しくお願いいたします。

                      医療法人矢尾板記念会
理事長 矢尾板 誠一